• テニス ジュンレオ

何者?!part4 by R.NAKAMA


早速ですが、乗っかります。

浅井コーチから始まり、與那嶺・杉江と続いた流れですから、

とりあえず、乗っかりま~す!!

出身は鹿児島県出水市というところで生まれました。

父が学校の教員だったため、2歳で枕崎市(大山コーチの出身地)に引っ越しました。

枕崎カトリック幼稚園に1年通い、兄の影響でピアノを始めました。

年長になるときに鹿児島市内に引っ越してきました。

そこから宮川幼稚園→宮川小学校→皇徳寺中学校に通いました。

小2まではピアノを習いましたが、周りが女の子ばかりだったのが嫌でやめました。

そのあとスイミングに通い、小4まで続けました。

小3から父の影響でテニスを初めて今に至ります。

が、小4からサッカーにも通っていて、色んなことをしていました。

中学に入ると、サッカーも続けたかったのですが、テニスとの両立を断念。

テニスは部活にはないため、帰宅部でした。

しかし帰宅部って暇なんですよね。

そんな中テニス以外に「HIPHOP」にハマってしまいました!!

当時元気が出るテレビでやっていた「ダンス甲子園」を見てハマっちゃいました。

それからは、テニスは続けていましたが、

友達とダンスチームを作ったり、

高校ではHIPHOPチーム作って、ライブしていたぐらいです。

当然、テニスの成績は落ちていく一方。

昨日のブログに書いてありましたが、

杉江コーチみたいに高校から始めた人たちに負けていくばかりでした。

結果、テニスの推薦で與那嶺コーチと同じ大学を受験しましたが受からず、

熊本工業大学(現崇城大学)の構造工学科航空コースに進学しました。

もともと飛行機は、乗るのは怖いのですが見るのは好きでした。

なんであんな重たいものが飛ぶんだろう?と。

ただその様な構造のお話は楽しかったのですが、

流体力学等の数字とアルファベットが混在し始めると

私の脳みそも混乱。

大学は中退して、

一昨日のブログにあった與那嶺コーチと一緒に働いていた

RKKルーデンスでの経験を活かして、テニスコーチの道へ進みました。

鹿児島に戻りテニスコーチとして社会人をスタートしましたが、

色々とあり上京することになりました。

※ブログ書いていて、杉江コーチになかなかたどり着かないので、次回お話しします。

関東で2つ目に働いたスクールの上司だったのが杉江様だったのです。

彼が言うように、当時は今と比べ物にならないぐらい凄かったです。

※良くも悪くも凄かった。

ホントよくケンカしましたね!!(笑)

それから15年くらい経ちますが、よく一緒にいると思います。

私は高校入学の15歳から下宿で親元を離れました。

家族で過ごした15年と同じ年月を杉江コーチと過ごしてるんですよ。

昔のケンカは兄弟げんかみたいなもんですね。

私にとっての何者?!は

いつも私を成長(困らせる?笑)させてくれる、杉江友祐くんでした。

※1周年記念感謝祭の時の写真

杉江が28歳で私が30歳だったと思います。12年前の写真です。


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示